僕の場合は、英語を読みこなすトレーニングを多く実践して色々な表現を貯めてきたので、それ以外の3技能(聞き取り・筆記・発語)は、個別に街中で売られている参考図書を少しやるのみで事足りました。
英会話のタイムトライアルというものは驚くほど効果があります。
会話の表現は結構単純なものですが、とにかく英会話することを想定して、即時に会話がまとまるようにトレーニングをするのです。

↓詳しいサイトはこちら↓
Storyで覚える! TOEICテスト エッセンシャル英単語

英会話シャワーを浴びせられる場合には、じっくりと聞きとる事に集中して、よく聴こえなかった音声を何回も音読して、次の回には聴き取れるようにすることが肝心です。
英語で話す訓練や英文法の学習は、ひとまずじっくり耳で聞く練習をやりつくした後で、端的に言えば無理やり覚えようとはしないで「英語に慣れる」方法を一押ししています。

関連記事


    評判のロゼッタストーンは、英語はもちろんのこと、最低でも30言語以上の会話が習得できる語学教材プログラムです。 リスニングをするだけでなく更に、会話が成立することを目標とする人に最適なものです。 役割…