一般的に、アコムのキャッシングサービスの審査では返済可能かどうかが判断されます。
ですから、定期的な収入を得ていることが絶対条件です。
正社員でなくても、場合によってはフリーターやパートで働く方も契約可能です。
無職やニートでは収入の条件を満たせませんから、契約できませんのでご注意下さい。

おすすめサイト
誰でも借りれる消費者金融とは?おすすめはアコム?【審査に通る】

誰でも借りれる消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。
近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので誰でも借りれる消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。
主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。
就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。
気になる年収について紹介します。
年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。
消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。
誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。
最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは800から1200万円と高額です。
(一部の銀行を除く)しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。
又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。
近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。
当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。
借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。
もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。
現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。
消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なる法律の適用を受けます。
金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。
総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。
そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。
一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がありません。
専業主婦の方でも利用することができます。
数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。
冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。
そんな時頼れるのがカードローンです!
カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。
最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。
そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。
借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。
堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?
貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。
一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。
銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている誰でも借りれる消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。
お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。
銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。
消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。
そのため、誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。
審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。
カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。
郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。
見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。
ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。
メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。
ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。
以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。
金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。
消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。
とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。
住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。
住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。
その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。
そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を用意する必要もありません。
何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。
誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。
まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。
消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。
つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。
又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの誰でも借りれる消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。
消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。
数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。
金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも誰でも借りれる消費者金融のほうが圧倒的に多いです。
そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。
レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも借りやすいと人気です。
消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを利用するのが便利です。
消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。
個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので誰でも借りれる消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。
さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。
又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。
誰でも借りれる消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。
バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。
現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。
最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。
一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。
消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。
当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。
これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。
払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが払い戻しには請求期限があります。
完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

関連記事


    支払い期間や利子など各々の細かい違っているところについて正確に把握して、利口な借り入れ手法を見つけていきましょう。 近頃、私達がお金を借り入れる事の出来るカードには多くのバリエーションが準備されていま…